まとめローンを正しく使うために必要な事

まとめローンを正しく使うために必要な事

まとめローンを正しく使うために必要な事

複数の借り入れるためにまとめローンを利用する方が多くいます。
その利用者数は年々増えてきていますが、その理由の背景には大きい金額を融資してくれるからや利息が低いから、返済が楽になるから等の複数の理由が考えられますが、それと同時に申し込みの際にはいくつかを念頭にいれなければいけないこともあります。
先ず、申し込みの際には審査が甘くなるからと勘違いをする人もいるのですが、それは大きな間違いです。
先ず申し込みの際には目的に『借り入れの一本化』などのはっきりとした記述をしなくてはいけませんし、融資決定後に別の用途などに使用してしまった場合は最悪の場合で契約違反ということで一括返済を求められる場合があります。
一度申し込みを行って審査の結果をみて、他の会社と見比べたいという場合には一度審査結果を断らなければいけません。

 

借り入れのCMなどでは金利は●〜△%と言うように金利の表現はあいまいになっている場合が多いので、複数の借り入れの条件を見比べたいと思う方もいるかもしれません。

 

ですが、もし仮に多数の会社の大きな融資枠を持っているのに更に申し込みをしてきたということになると審査を行う会社の方が警戒をするからです。
なので、申し込みを行う際にはカードローンなど元々の金利が低いローン系契約を確認しておくことが賢明です。
そして、まとめローンの契約を行って最も問題となってしまう点が枠の増減です。
例えば自分の年収が300万円の場合、通常銀行以外のローン契約を結べるのは枠が100万円とされています。

 

これは総量規制という法律の範囲で決まっているので、どこの会社に申し込みを行っても変わりません。
この時100万円の借り入れは3社から行っていて、まとめローンを利用して別の銀行のカードローンに一本化したと仮定します。
この時に前に借入を行った3社の借り入れは全て返済を問題なく行ったとしても利用できなくなると言う可能性があるのです。
その理由はまとめローンは総量規制の範囲外なので、融資を受けることができるかもしれません。

 

ですが、借り入れの事実は信用情報として残るので、この状態からキャッシングなどの利用条件を満たすには本人に年収で300万+αの収入が必要になってくるからです。
なので、本人の収入状況次第では全額返済を行ったあとに今まで使用していたカードが使用できない等の条件が発生することがあります。
カードローンにて一本化を利用した場合は、コンビニや銀行のATMにて簡単に引き出すことができる事もあるので事前に内容を確認しておく方が良いと思います。

 

カードローンにて一本化を行う場合には、引き出しだけではなく返済もATMなどを通して自由に出来る場合があります。
これにより、通常の返済以外に日数を縮めて返済することで今までの借り入れよりも利息を抑えたりトータルで見て大きいメリットで返済できることもあります。
なので、まとめローンの際は前もって契約を確認しておきましょう。