複数契約しているカードローンはまとめよう

複数契約しているカードローンはまとめよう

複数契約しているカードローンはまとめよう

カードローン契約をしている方は1社だけではなく、2社、3社と複数契約している傾向がつよくなっています。
金利も利用限度額もそれぞれ違いますし、使いまわしをしながらお金を借りているというのが現状でしょう。
しかし、うまく使いまわせているうちはいいですが、中には返済がうまくできず単なる多重債務者になってしまう方もいます。
そうなると、何か対策を考えなくては、この先借金を完済することは難しくなるでしょう。
そこで、多重債務者にはおまとめローンがお勧めされています。
これは借金の一本化とも呼ばれていますが、文字通り、すべての借金をまとめてしまうローン商品のことです。
例えば、A、B、C社の3社で契約しているカードローンを、D社で一本にまとめてしまいます。
こうすることで実質的にA、B、C社の借金は終了、D社のみの借金が残るということになります。
元金が全て合わさるだけですので借金自体は減っていませんが、今までA、B、C社ごとに利息を支払っていたのが、D社のみの利息となります。

 

となれば利息負担が軽減される可能性もあり、結果として返済総額も減らせるということに繋がるのです。
また、今までA、B、C社ごとの返済日があり面倒だった返済の管理も、D社のみの返済日となるため月に一度の返済ですむようになります。
ちなみに、年収3分の1以上の貸し付けは禁止という総量規制の問題がありますが、債務者に有利になる借り換えには適応しないとしているため、こちらの法規制は無視して構いません。
さて、色々とお得な面が見えるローン商品ですが、ただし重要なのは金利が低いローンで一本化するということです。
もし金利が高いローンで契約してしまうと、逆に利息負担が伸ばし、返済総額が増えてしまう可能性もあります。
よって金利に注目して一本化するローンを選択してみてください。

 

また、A、B、C社全てを一本化する必要もなく、A、B社のみ、B、C社のみ、A、C社のみでも問題ありません。

 

実際、まとめる件数が多いほど審査が厳しくなりますので、一般的には、高金利で貸付を受けているカードローンを一本化し、低金利で貸付を受けているカードローンは一本化しないという手段が取られています。
いずれにしても一本化する前の各社の金利と、一本化した後の金利を比較して検討してみる必要があるでしょう。

 

金利の計算はコツさえつかめば素人でもできますが、面倒だし、よく分からないという方はローン会社に連絡を取り相談をしてみてください。
担当者に相談することで最適な契約方法を提案してくれます。
また、いずれにしても審査は一般的なカードローンより厳しめになることは覚悟しておかなくてはなりませんが、自分で考えて飛び込みで審査を申し込むよりも、提案されたローンの組み方で申し込んだ方が融資してもらえる可能性は高まるでしょう。
もし、おまとめローンが利用できなかった場合は、最後の手段として債務整理を検討してみてください。