返済しやすいローン契約を結びましょう

返済しやすいローン契約を結びましょう

返済しやすいローン契約を結びましょう

カードローンは、元々の設定額が大きく設定されている場合が多く、色々なローンの代わりとして使う方がいます。
先ずは、大きい金額のローンであるためにまとめローンとして使う場合が多くいますので、その場合のメリットについて考えてみましょう。
今自分に40万の借入が2社あり、これをカードローンで一括にする場合を考えます。
(条件を考えやすくするために金利年18%・返済期間は同一と仮定します。)
2社の場合は金利が月にかかる利息は6000円が2社で、一括にした場合は12000円となります。
借り入れの返済を行う場合は利息+元金と言うのが鉄則です。

 

この時に返済で考えなくてはいけないのが、元金の割合です。
借り入れが2社以上になっている場合は、元金を減らすときに1円×(借入社数)が必ず必要になってきます。
と考えると、借り入れ1社の場合が最も借り入れ元金の割合が少なく返済を行うことができるのです。
まとめローンを利用している人は、返済を楽したいと考えて実行することになります。

 

そうすると借り入れ一社の場合の借り入れの方が、元金を少なく返済することができるので、最も無理のない返済となります。
月々の返済が2万ないし3万などの限定された金額で遅延なく返済したい場合には、かなり有効な手段となるでしょう。
また、カードローンは原則として借入金を1万円単位で自由に引き出すことができます。
この場合に自分が結んでいる金額が80万円だとすると、月々の返済額が12000円+元金ということになり返済額の利息が必要以上に大きくなったりはしません。
ところが、元金が減っていくに従い利息は減っていくことになります。

 

自分の返済金額が毎月3万円ずつである場合は、借り入れ元本が80万円の場合であっても50万円の場合であっても自分の計画の中にあると言えるでしょう。
こう言った返済のプランは、自分が借り入れを行う会社の数が増えれば増えるほどに難しくなるので、出来れば1社にしておくことが最も得策となっています。
過去に複数の会社で借り入れを行っていた時があるのですが、その場合は返済日が1社ごとに異なっていました。
銀行の自動引き落としによる返済を選択している場合は私と同じような人が多いと思うのですが、複数の会社の場合はこの日にちの管理というのが非常に面倒な作業になってしまいます。

 

特に複数の銀行口座間になる場合は、自分の口座残金を移動する手間や土日に行った場合の時間外手数料がもったいなく感じてしまいます。

 

そう言った場合のためにも、出来るだけ借り入れを行う会社を1社にまとめておくのが、良い手段ではないでしょうか。
銀行系のカードローンを申し込みを行う際には自分が取引を行っている銀行で申し込みを行うことで、手続き上大幅に短縮できる場合もあります。
精神的にリラックスできる環境であれば、借り入れだけではなく仕事や日々の生活も充実して毎日を過ごすことができるでしょう。